出版物一覧 > フォルカー・ヴァイス『ドイツの新右翼』詳細ページ

※ 2019年1月11日より発売中(第1刷)。2800円+税。

[目次] 本書の目次 キーワード 書評など 書誌情報



 AfD(ドイツのための選択肢)、Pegida、アイデンティティ運動...。ともすれば、ヨーロッパ各国でおなじみの、反移民、反難民、反ポリティカル・コレクトネスを掲げて湧いて出てきた右翼ポピュリズム、と単純に理解されがちなドイツの極右勢力も、実際には戦後の連邦共和国を生き延びてきた思想的遺産の継承者にほかならず、一定の長い歴史を持っている。
 本書は、戦間期の「非ナチス」的右翼としての「保守革命」(A・モーラー)の流れを汲み、1968年を否定的媒介に立場を確立し、2010年代の情勢を好機に一挙に台頭したドイツの「新右翼」をめぐる、時事報告と思想史記述を兼ねた一冊である。最終的に、その射程は、「夕べの国」の概念史、「大圏域」の地政学(C・シュミット)と新ユーラシア主義(露)、果てはオルト・ライト(米)やイスラーム主義との不気味な共鳴にまで及ぶことになる。

■ 本書の目次 

まえがき
第1章 新右翼:その系譜の探索
第2章 アルミン・モーラー:つくられた伝説
第3章 AfDへの道:諸勢力の結集
第4章 右側からの挑発:スペクタクルの政治[...アイデンティティ運動]
第5章 保守‐破壊的行動:街頭の精神から
第6章 没落と救済:「秘められたるドイツ」の決起[...Pegida]
第7章 夕べの国:ある神話小史
第8章 敵の空間と形態:イスラーム、アメリカ、普遍主義
第9章 新右翼の「核心」:権威主義的ポピュリズム
解説 もう一つのドイツ:保守革命から新右翼へ(訳者)
資料(訳者)

■ キーワード 

保守革命、フェルキッシュ、青年保守、国民革命、1968年、新左翼、AfD、Pegida、アイデンティティ運動、夕べの国(Abendland)、ライヒ(Reich)、大圏域(Großraum)、地政学、ハートランド理論、新ユーラシア主義、オルト・ライト、イスラーム主義

アルトゥール・メラー・ファン・デン・ブルック、オスヴァルト・シュペングラー、カール・シュミット、アルミン・モーラー、ギュンター・マシュケ、アラン・ド・ブノワ、カールハインツ・ヴァイスマン、アレクサンドル・ドゥーギン、ディーター・シュタイン、ゲッツ・クビチェク

■ 書評など 

無記名(短評、『日刊ゲンダイDIGITAL』2019年2月26日付) →外部
・安田浩一氏(『沖縄タイムス』2019年2月23日付、『岩手日報』、『京都新聞』、『埼玉新聞』2019年2月24日付)

長濱一眞氏「論潮」(論壇時評、『週刊読書人』2019年3月1日付) →外部

読書メーター →外部

■ 書誌情報 

フォルカー・ヴァイス『ドイツの新右翼』長谷川晴生訳、新泉社、2019年
(原著=Volker Weiß, Die autoritäre Revolte. Die Neue Rechte und der Untergang des Abendlandes, Stuttgart 2017.)

■ 新着
03. 03. 2019:書評などに長濱一眞氏「論潮」、読書メーターを追加。
◆ 履歴

このエントリーをはてなブックマークに追加

03. 03. 2019