※ 発表した文章のうち、(1)既に外部サイトに公開されているもの、(2)当サイト独自に公開するもの、を時系列順に並べる。(2)の基準は掲載先媒体との相談による。

■ 2013年

【報告】第3回駒場ドイツ語研究会「主権・ノモス・均衡―尾高朝雄とカール・シュミット―」 →外部サイト
講演報告/WEB記事、駒場ドイツ語研究会ブログ、08. 07. 2013掲載

■ 2011年

【書評】エルンスト・ユンガー『パリ日記』(山本尤訳、月曜社、2011年) →ウェブ魚拓
書評/北海道新聞、09. 10. 2011付

■ 2009年

【報告】「カタルシスと崇高――ベンヤミンにおける詩学と歴史哲学」 →外部サイト
講演報告/WEB記事、UTCPブログ、07. 08. 2009掲載

■ 2004年

独逸電波考:Günter Grass »Im Krebsgang«を巡って
コラム/蹤跡Sr.第4号、09. 2004頒布

22. 06. 2014