※ 研究計画書、口頭発表の配布物など、雑多な文書類。公刊の文章とは異なった「資料」ゆえに引用や言及は推奨しない。いずれも未定稿にすぎないことに留意されたい。

■ 公的機関に提出した研究計画書

日本学術振興会特別研究員(DC1)申請時の研究計画書 2008(2009~2012採択)PDF版

■ 講演・口頭発表の配布物や原稿

「フライブルク大学留学前後の紆余曲折と諸手続の記録」/PDF版
第5回駒場ドイツ語研究会:留学報告・相談会、31. 03. 2016

「革命とライヒ:メラー・ファン・デン・ブルック『第三帝国』の歴史哲学」レジュメPDF版(→外部)
第2回駒場ドイツ語研究会、16. 01. 2013

「ハイデガーにおけるエルンスト・ユンガーへの取り組みの再検討」PDF版(要旨なし)
実存思想協会・第28回大会、30. 06. 2012

Die Einsichten in die »Technik« im Denken des 20. Jahrhunderts. Heidegger und JüngerPDF版
日独共同大学院・11'秋季共同セミナー、ハレ・ヴィッテンベルク大学、06. 10. 2011、ドイツ語

■ その他、個人用に作成したもの

▼ 文献表 ▼ 読書ノート ▼ 試訳

いずれも工事中。

▼ 旅行記

・Togetterより(ほかの方のまとめによる、日付は旅行日ではなく作成日)
コルマール(仏、09. 11. 2015)

▼ 雑記

旧ブログより
『WB』に触発されて中上健次を想う(中上健次、『AIR』、『School Days』、31. 05. 2008)/世相に関する書簡(秋葉原無差別殺人事件、20. 06. 2008)/平成20年回顧:二人の死者について(川村二郎、西郷信綱、31. 12. 2008)/近況報告(ハレ大学滞在)(ハレ大学、ハレ市、07. 005. 2010)

Tumblrより
フライブルク古書渉猟(同市古書店案内、01. 06. 2014)/Tweetまとめ:ドイツ(ヨーロッパ)に持参したら役立った器具(24. 06. 2014)

19. 04. 2017