※ 太字のリンクはサイト内へ、細字のリンクはサイト外へ。

[目次] 学位論文 論文 雑文 翻訳 講演・口頭発表 競争的資金 学会委員 その他

■ 書籍 →出版

■ 学位論文 

「エルンスト・ユンガーの美学-政治的機械論」修士論文、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻、2009年3月 データ
Walter Benjamins „Erkenntniskritische Vorrede“[ヴァルター・ベンヤミンの「認識批判序章」] 学士論文、東京大学教養学部地域文化研究学科、2007年3月 データ

■ 論文 

「感覚の境界の彼方に:ロマン主義、象徴派、エルンスト・ユンガーの詩作と思索」北村紗衣編『共感覚から見えるもの:アートと科学を彩る五感の世界』勉誠出版、2016年5月、299~329頁 詳細
版元情報
Amazon

■ 雑文 

【書評】エルンスト・ユンガー『パリ日記』(山本尤訳、月曜社、2011年)『北海道新聞』2011年10月9日付 全文

■ 翻訳 

ギュンター・フィガール「モデルネの形而上学的性格:「線を越えて」と「「線」について」」齋藤元紀/陶久明日香/関口浩/渡辺和典監訳『問いと答え:ハイデガーについて』法政大学出版局:叢書ウニベルシタス、2017年11月、271頁~293頁(原文=Günter Figal, Der Metaphysische Charakter der Moderne. Über die Linie und Über „Die Linie“, in: Zu Heidegger. Antworten und Fragen, Frankfurt am Main 2009, S. 205-221.) 詳細
版元情報
Amazon
ガブリエーレ・シュトゥンプ「陶酔と制御:アルフレート・デーブリーン『山と海と巨人』における技術」鍛治哲郎/竹峰義和編『陶酔とテクノロジーの美学:ドイツ文化の諸相1900‐1933』青弓社、2014年6月、65~81頁(原文=Gabriele Stumpp, Rausch und Kontrolle. Technik in Alfred Döblins „Berge, Meere und Giganten“, 2013, nicht abgedruckt.) 詳細
版元情報
Amazon

■ 講演・口頭発表 

「境界と陶酔:美と政治の狭間に立つエルンスト・ユンガー」日本独文学会・2013年春季研究発表会、東京外国語大学、2013年5月23日 プログラム
要旨
Ernst Jünger und die Epiphanie der Grenze[エルンスト・ユンガーと境界の顕現]日独共同大学院・13'春季セミナー、東京大学、2013年3月10日 プログラム
「革命とライヒ:メラー・ファン・デン・ブルック『第三帝国』の歴史哲学」第2回駒場ドイツ語研究会、東京大学、2013年1月16日 レジュメ
同PDF
「ハイデガーにおけるエルンスト・ユンガーへの取り組みの再検討」実存思想協会・第28回大会、関東学院大学、2012年6月30日 原稿・要旨
プログラム
Die Einsichten in die „Technik“ im Denken des 20. Jahrhunderts. Martin Heidegger und Ernst Jünger[20世紀の思考における『技術』への洞察:マルティン・ハイデガーとエルンスト・ユンガーを中心に]日独共同大学院・11'秋季共同セミナー、ハレ・ヴィッテンベルク大学、2011年10月6日 原稿
同PDF
プログラム
「革命的動物:ドイツ保守革命と獣性の省察」表象文化論学会・第5回研究発表集会、東京大学、2010年11月13日 発表要旨
講評
Lage der Geschichte in der Postmoderne. Mit dem späten Ernst Jünger denkend[ポストモデルネにおける歴史の地位:後期エルンスト・ユンガーと共に考える]日独共同大学院・10'秋季共同セミナー、ハレ・ヴィッテンベルク大学、2010年9月24日 プログラム
Historismus gegen Rassismus[人種主義に抗する歴史主義]日独共同大学院・10'春季共同セミナー、東京大学、2010年3月9日 プログラム
「悲劇をめぐる闘争:ゲオルゲ派・ベンヤミン」表象文化論学会・第4回研究発表集会、東京大学、2009年11月14日 プログラム
講評

■ 競争的資金などの獲得 

「境界(Grenze)」概念を軸とした、作家・思想家エルンスト・ユンガーの研究、(独)日本学生支援機構・海外留学支援制度(長期派遣/大学院学位取得型)、2014年4月~2017年3月、代表者=長谷川晴生
「境界(Grenze)」概念を軸とした、作家・思想家エルンスト・ユンガーの研究、東京大学・博士課程研究遂行協力制度、2013年7月~2013年12月、代表者=長谷川晴生
エルンスト・ユンガーの機械論を通じた「政治の審美化」研究、(独)日本学術振興会・特別研究員奨励費(DC1)、2009年4月~2012年3月、代表者=長谷川晴生 申請書
同PDF
科研費情報

■ 学会、研究会の委員 

実存思想協会・幹事、2017年10月~

■ その他の活動 

【企画・司会】ドイツ語圏留学報告・相談会(第5回・駒場ドイツ語研究会、東京大学、2016年3月31日) 原稿
【翻訳発表】Günter Figal, Der metaphysische Charakter der Moderne. Über die Linie und Über „Die Linie“, in: Zu Heidegger. Antworten und Fragen, Frankfurt am Main 2009, S. 205-221(ハイデガー研究会・2014年9月例会、立教大学、2014年9月7日) プログラム
【司会】Martin Heidegger, Was ist das - die Philosophie?, Stuttgart 1956/2008, S. 24-31.の訳読(担当者:吉次基宣、ハイデガー研究会・2013年7月例会、立教大学、2013年7月21日) 報告
【ブログ執筆】講演報告:藤崎剛人「主権・ノモス・均衡:尾高朝雄とカール・シュミット」(コメンテーター:石川健治、第3回・駒場ドイツ語研究会、東京大学、2013年5月23日) 駒場ドイツ語研究会ブログ、2013年7月8日 全文
【訳読担当】Martin Heidegger, Was ist das - die Philosophie?, Stuttgart 1956/2008, S. 17-24.(ハイデガー研究会・2013年6月例会、高千穂大学、2013年6月30日) 報告
【講演翻訳】ヨーゼフ・フュルンケース「箴言と矛盾:ニーチェから生まれたアフォリズム的短文(Josef Fürnkäs, Spruch und Widerspruch. Aphoristische Kurzprosa nach Nietszche)」(Internationales Symposium »Rausch und Ästhetik im deutschsprachigen Raum um 1900« [国際シンポジウム「ドイツ語圏世紀転換期における陶酔と美」]、東京大学、2010年2月20日) 公式サイト
ポスター
【講演翻訳】イェルク・H・グライター「記号のテンポと記号のパトス:『大いなるリズム』についてのニーチェの定義(Jörg H. Gleiter, Tempo und Pathos der Zeichen. Nietzsches Definition des »grossen Rhythmus«.)」(Internationales Symposium »Rausch und Ästhetik im deutschsprachigen Raum um 1900« [国際シンポジウム「ドイツ語圏世紀転換期における陶酔と美」]、東京大学、2010年2月20日) 公式サイト
ポスター
【ブログ執筆】講演報告:森田團「カタルシスと崇高:ベンヤミンにおける詩学と歴史哲学」(UTCP研究会、東京大学、2009年7月23日)UTCPブログ、2009年8月7日 全文

20. 11. 2017